忍者ブログ
沖縄で感じた色々をブツブツつぶやく独り言ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今日もケラマでダイビングをしてきました。
コンディション良く、透明度も良かったですよ。

シーマックスでは、ダイビングをするポイントは、その日参加
されるゲストのコース内容やレベルを考慮し穏やかである事
他の船が少ないところを探して決めています。

28c244b6.jpg
















今日潜ったポイントも、他の船はおらず、水中はシーマックス
のゲストで貸切でした。


アンカー(船のイカリ)を降ろす時は、シーマックスのスタッフ
がアンカーを持って水中に入り、岩に掛けるかロープを岩に
結んできます。サンゴへのダメージを考慮しての結果です。



現在ケラマを利用するダイビング業者の数は本島だけでも
100前後、ケラマ諸島などで100前後。これだけの業者が
ゲストを連れて毎日潜れば、船やダイバーによるサンゴへ
のインパクトは否定出来ないですね。


「エコツーリズム推進法」に則った条例が、ケラマ海域で施
行されようとしています。インパクトを出来るだけ抑えるため
に、一日に利用できるダイバー数を制限する話しも条例に盛
り込まれ、事業者の環境保護活動の実績にあわせ各ショッ
プのケラマ利用人数が割り振られるだろうということ。

本島事業者がケラマで潜れなくなるのではなく、環境保護
活動をやってない事業者は全てケラマには入れなくなるとい
うこと、もちろんケラマ事業者も対象になります。

更に、1日あたり1人から¥500程度の海域利用料のような
ものを徴収して環境保全にそれを充てるという話もあります。

法案はもともとダイバーを規制するものではなく、素晴らしい
自然を未来に残していこうというもの・・・

そのためにケラマの地元の人たちは何十回と話し合いを重
ね、条例を作成しているところです。

残念ながらその話し合いの場に本島事業者の姿はほとんど
ありません。

理由としては、ケラマから情報や連絡があまり配信されなか
ったこと、本島事業者と地元事業者との間でいつの間にか確
執が出来てしまった事、など様々ですが過去のことは過去の
事でこれからは地元事業者も本島事業者も一緒に真剣に保
護活動を協力しあえる関係をつくり一致団結しなければいけ
ない時期にきていると思います。

今、本島にあるダイビング業者で作るいくつかの組合で、本
島からケラマを利用する場合の統一ルールをつくろうと話し
合いを重ねています。

条例とは別に本島側事業者も、目に見える形でサンゴに対
するインパクトを減らそうというルール作りです。


この続きはまた今度・・・
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんな話を肴に一杯飲みたかったねぇ。
 オーストラリアツアー参加の「せいじ」です。

 2011年4月1日から渡嘉敷で\100の入島税かかり、
座間味でも同時期開始を検討中とか。そして更に
海域利用料として\500程度を徴収しようというの
ですかねぇ。

 環境保護は結構なことだと思いますが、活動を
無理じいしての権益独占、徴収した金の不明瞭な
用途など、規制が手段ではなく目的になり本来の
環境保護が行われないのではないかと危惧します。

 そもそも海は国民全員のものでありますので、
事業者同士がわがもの顔で条例やルールを作って
押しつけるのは、いかがなものでしょう。なぜか
といえば、以下の例と同じことが言えるからです。

 漁業事業者が漁業権を根拠にサザエやアワビの
採取を禁じ、一つでも採ろうものなら密漁者だと
罵られ罰金を払えという。しかし海は漁業事業者
だけのものではないのに、どうして個人で採る分
まで縛るのか。逆に、皆さんの海を使わせていた
だいて生計を立てるて漁業事業者は、個人に対し
どうぞお採りくださいと、見返りを払うべきでは
ないのでしょうか。

 こんな話を肴に、一杯飲みたかったねぇ。

 では、また。(^ ^)/
 
せいじ 2010/08/19(Thu)01:07 編集
Re:こんな話を肴に一杯飲みたかったねぇ。
> オーストラリアツアー参加の「せいじ」です。
>
> 2011年4月1日から渡嘉敷で\100の入島税かかり、
>座間味でも同時期開始を検討中とか。そして更に
>海域利用料として\500程度を徴収しようというの
>ですかねぇ。
>
> 環境保護は結構なことだと思いますが、活動を
>無理じいしての権益独占、徴収した金の不明瞭な
>用途など、規制が手段ではなく目的になり本来の
>環境保護が行われないのではないかと危惧します。
>
> そもそも海は国民全員のものでありますので、
>事業者同士がわがもの顔で条例やルールを作って
>押しつけるのは、いかがなものでしょう。なぜか
>といえば、以下の例と同じことが言えるからです。
>
> 漁業事業者が漁業権を根拠にサザエやアワビの
>採取を禁じ、一つでも採ろうものなら密漁者だと
>罵られ罰金を払えという。しかし海は漁業事業者
>だけのものではないのに、どうして個人で採る分
>まで縛るのか。逆に、皆さんの海を使わせていた
>だいて生計を立てるて漁業事業者は、個人に対し
>どうぞお採りくださいと、見返りを払うべきでは
>ないのでしょうか。
>
> こんな話を肴に、一杯飲みたかったねぇ。
>
> では、また。(^ ^)/
> 
No Name Ninja 2010/08/20 18:04
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [14]  [13]  [12]  [9
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
Admin / Write
忍者ブログ [PR]